現役看護師が語る看護師のリアルな恋愛事情

現役看護師が語る看護師のリアルな恋愛事情

こんにちは、みかんです!

「白衣の天使」と言われている看護師。優しそう、病気の時は献身的に看病してくれそう、男性からモテそうなどと、言われたことのある人は多いのではないでしょうか。けど、現実はどうなのでしょう?看護師というのは仕事であって、私生活でも「白衣の天使」をしているわけではありません。看護師もプライベートでは普通の女性。男性が思い描く看護師のイメージと現実とのギャップで、恋愛が上手くいかないことは多々あります。

さらに、仕事が忙しく、毎日疲れていて恋愛をしている時間も余裕もない、家と職場の往復だけで、出会いの場がないと悩んでいる看護師は少なくありません。今回は、現役看護師の私が、看護師のリアルな恋愛事情をご紹介します。

男性の看護師のイメージとは?理想と現実のギャップ

モテると言われがちの看護師ですが、男性は看護師に対してどんなイメージを持っているのでしょうか。よく言われる看護師のイメージと現実との違いを紹介します。

面倒見がよくて、優しい

看護師だから、病気やけがをした時は面倒を見てくれる、些細な気遣いが出来ると思われがち。中には、家族の介護を任せられる、時間の管理や生活全てのお世話をしてくれる母親のような存在だと思っている男性もいます。もちろん、私生活でも常に優しく、面倒見が良い看護師はいます。

しかし、看護師とはあくまで仕事!看護師として患者さんと関わっている時は、細かいところまで観察し、ケアを行います。なぜなら、それが看護師の役目だから。そして患者さんの命に関わることだから。プライベートの時間まで、人のお世話ばかりしていられません。仕事が忙しく、心身ともに疲れていて、自分のことで精一杯!むしろ男性に甘えたいと思っている看護師は、私だけではないはず。

高給取り

女性の平均年収よりも、給与は高めなので、高給取りというイメージが強い看護師です。確かに、お給料はそれなりに貰っています。しかし、看護師の給料が高いのは、夜勤手当と残業手当のおかげ。夜勤をしなかったら給与は平均並み、もしくは平均より低い場合もあります。また、勤続年数を重ねても、管理職にならない限り、なかなか給料は上がりません。看護師の収入を頼りにする男性がいますが、一生家族を養えるほどのお給料は貰っていないと思います。

病気になった時、的確なアドバイスをくれる

看護師だから、医療に関する知識を持ち合わせていると思われがち。確かに、普通の人よりは医療に関する知識はあります。しかし、病気の診断や、治療方法や、専門外のことを聞かれても、正直分かりません。勤務している病棟の診療科以外の疾患に関することは、学生以来勉強していないという人がほとんどではないでしょうか。身体の不調を訴えられても、診察も検査もできないので、「病院に行って、診察してもらって!」としか言えません。

可愛い看護師が多い

看護師には可愛い人が多いというイメージを持っている男性はよくいます。可愛くて、ナース服を着ていて、まさに天使!と看護師へ憧れを抱いている人がいますが、実際、仕事中は汗で化粧が崩れている、マスクをするからアイメイクだけ力を入れているという看護師はたくさんいます。可愛いと言われるのは嬉しいことですが、ナース服ではなく、私服でマスクをつけてなくても、可愛いと言ってくれるのでしょうか。笑

なぜ看護師は出会いが少ないのか

なぜそもそも出会いが少ないのか。職場にもよるかもしれませんが、だいたいこんな感じではないでしょうか。

職場での出会いが少ない

看護師の職場である病院にも、医師や男性看護師、薬剤師や理学療法士など、たくさん男性はいます。若い男性の患者さんがいることもあります。しかし、職場でプライベートの話をしたり、業務以外の話をしたりする時間はほとんどありません。また、勤務する診療科以外の医師や多職種との関りも少ない、もしくはほとんどありません。職場だけの関係で恋愛に発展させるのは、正直難しいです。

出会いの場に行く気力がない

勤務後や休みの日は疲労困憊なため、ゆっくり休みたいという看護師は多いのではないでしょうか。中には勤務中もバッチリメイクをして、勤務後、元気に合コンへ行く看護師もいます。私も過去に、何度か勤務後に合コンへ参加しましたが、正直帰りたいと思うことは何度もありましたし、残業で参加できないことも…。仕事が大変な看護師が、合コンや婚活パーティに行くためには、それなりに気合が必要ですよね。

彼氏が欲しい!けど、どうやって?看護師の出会いの場はどこ?

彼氏ができない、男性との出会いが少ない、と悩んでいる看護師は多くいます。わたし自身の経験も踏まえ、看護師の出会いの場を紹介します。

合コンや友人の紹介

合コンや友人の紹介は、彼氏を作る一番手っ取り早い方法ではないでしょうか。相手も出会いを求めていることがほとんどなので、知り合ってから恋愛に発展するまで、そこまで時間がかかりません。さらに、合コンでの看護師の男性受けはかなり良いので、合コンに誘われる率もかなり高いです。
私の同僚看護師は、一時期、週に2~3回ペースで合コンに参加して、彼女がよく言っていた言葉が、「数撃てば当たる」でした。出会いがほしいと悩んでいるなら、積極的に合コンに参加したり、友人に紹介してもらったり、出会いの場に出向いた方が良いでしょう。

職場

職場での出会いは少ないとお伝えしましたが、職場で出会って、お付き合いしているという看護師は実は結構います。職場恋愛をしている看護師は、病棟や多職種との飲み会、院内のサークル活動に積極瀬的に参加しています。勤務中だけの関わりだと、恋愛に発展しにくいですが、飲み会やサークル活動などは、医師や他職種の人と仲良くなるチャンスです!中には、病院に来る製薬会社の人や救急救命士達と、合コンのセッティングをする凄腕看護師もいます。

よく考えたら、病院って男性職員たくさんいますもんね。職場での出会いはたくさんあるけど、「職場は嫌」、「勤務中に恋愛のことを考えている余裕なんてない」と、自ら出会いから遠ざかっているのかもしれません。

マッチングアプリ

学校や地域など狭いコミュニティの中で彼氏を作るよりも、もっと広い人間関係から恋人探しをしたいという方にはおすすめかもしれません。


まとめ

男性からモテる、白衣の天使というイメージがある看護師。しかし、男性が思い抱いている理想とは異なり、看護師は仕事が忙しく、恋愛をする暇もないというのが事実です。また、男性に抱かれている看護師のイメージに悩んでいる看護師は少なくありません。いつも優しい、気配り上手、白衣の天使というイメージは、迷惑とさえ思ってしまいます。

看護師もプライベートでは普通の女性。激務で疲れた心を癒してくれる素敵なパートナーが必要なんです。
出会いが少ないと悩んでいる看護師は多いです。確かに、仕事が忙しく、恋愛をする余裕も時間もないかもしれませんが、出会いはそこら中に落ちています。本当に出会いを求めているのであれば、出会いの場に積極的に出向きましょう。素敵なパートナーをGETできるといいですね!