【調べてみた!】抑えておきたい看護師が扶養に入る場合の注意点について

【調べてみた!】抑えておきたい看護師が扶養に入る場合の注意点について

こんにちは、みかんです!

アルバイトやパートのお仕事を探すとき、気になるのはもちろんお給料ですよね!

お給料をできれば多くもらいたい!
でも、稼いだ分からたくさん税金を取られてしまうと大変ですよね。
そんな時に出てくるのが、扶養という言葉です。

看護師が産休や育休、ブランクから復帰する時には、まず旦那様の扶養の範囲でお仕事を探す方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな扶養についてまとめてみました!

そもそも扶養って何?

まず前提条件として、今回は「妻(自分)が夫(配偶者)の扶養内で働く場合」を想定しながらお話しします。
この妻と夫の立場は逆転しても、計算などは変わりません。

夫婦で働く際に問題になってくる「扶養内で働く」とは、正しくは「配偶者控除を受けながら働く」ということです。

配偶者控除には、控除の対象になるものが2種類あります。
税についての控除 ・・・ 所得税、住民税が発生しない・減額される。
社会保険についての控除 ・・・ 健康保険、年金について納める額が減額される。

配偶者控除には、妻(自分)がより稼いだ場合でも、配偶者控除を受けられるようにする配偶者特別控除もあります。

扶養に入るための計算式

扶養についてなんとなくわかったところで、扶養に入るための計算式を見ていきましょう。

ここでいう年収とは、所得が給与所得のみの場合です。
自分の年収別にみていきますが、どの計算をする場合でも夫(配偶者)の年収は1,120万円を超えないものとします。
夫の年収が1,120万円を超える場合は、控除される額が減ります。

妻(自分)の年収が100万円以下の場合

住民税、所得税、妻(自分)の勤務先での保険加入の義務が発生しません。
住民税は自治体により異なります。
配偶者控除は満額の年間38万円の控除が受けられます。

妻(自分)の年収が103万円以下の場合

所得税、妻(自分)の勤務先での保険加入の義務が発生しません。
配偶者控除は満額の年間38万円の控除が受けられます。

妻(自分)の年収が106万円を超えるの場合

所得税の控除が受けられます。
妻(自分)の勤務先で、保険加入の義務が発生する場合があります。
保険に加入すると、給料から保険料が天引きされるのでテトリ収入が減ります。
保険に加入するとその分、将来もらえる年金が増えたり、怪我や病気などで仕事を休まなくていけない時は手当を受けることができます。

妻(自分)の年収が130万円を超える場合

所得税の控除が受けられます。
妻(自分)の勤務先で、106万円の時に保険加入の義務がない勤務先の場合でも社会保険と年金に自身で加入する必要があります。

妻(自分)の年収が150万円を超える場合

所得税の控除を受けられますが、年収が150万円を超えると段階的に減額されていきます。
配偶者特別控除では、年収150万円以下だと所得税に年間38万円が減額されます。
150万円を超えると、段階的に減額が少なくなっていきます。

妻(自分)の年収が201万円を超える場合

全ての控除を受けられません。

扶養に入るメリット

納税額が減る

税金は国を運営するために必要なお金ですが、大きな金額になるとできるだけ払いたくないものですね。
配偶者控除を受ければ、納税額が減り、結果的に家計に入ってくるお金が増えます。

保険料が減る

保険料も同じく社会保険制度を運営するために必要なお金です。
扶養控除を受ければ、保険料が減り、結果的に家計に入ってくるお金が増えます。

面倒な手続きが減る場合も

扶養に入っている場合は、扶養している夫(配偶者)が納税や社会保険の手続きを行います。
妻が個別に納税や社会保険の手続きを行うより、簡単に住む場合があります。

扶養に入るデメリット

控除の計算がめんどくさい

現状の日本の制度だと、段階的に控除される対象や額が変わってきます。
看護師の場合は、夜勤手当など様々な手当が給料に加算される場合があるので、実際に手取りをもらうまで収入の計算が難しい場合があります。

働き損になる場合がある

きちんと計算して扶養に入っている場合でも、看護師の場合は急な残業などの結果、年収が扶養される限度額を超えることがあります。
控除額が減ってしまったり、保険料が発生してしまって結果的に年収が減ってしまう場合があります。

看護師が扶養に入る場合の注意点

控除の計算は慎重に

配偶者控除は、妻(自分)の年収だけでなく夫(配偶者)の年収も関係してきます。
また、所得が給与所得だけでない場合はさらに計算が必要になりますので、心配な場合は税理士や役所で相談することをおすすめします。

「扶養内OK」の求人でも、年収はチェックしよう

最近の看護師求人サイトなどでは、扶養内で働けるように勤務を調整できるように考慮してくれる職場も増えています。
ただ、看護師は急な残業やシフト変更などがある職場も多いです。

職場に扶養内で働きますと伝え、「時給」「勤務時間」を調整している場合でも自分でのチェックは必要です。
特に年末のシフトは、年内の給与所得を計算し余裕を持って扶養内に収まるように調整しましょう。

まとめ

今回は扶養という制度、メリット・デメリット、注意点についてまとめてみました。
お金は大切な分、かなり計算がシビアだったり、制度がややこしいですよね。
まずはご家庭の年収などをしっかり確認した上で、どう働くのか検討していきましょう!