夏におすすめ!本格焼酎のソーダ割りついてご紹介!

夏におすすめ!本格焼酎のソーダ割りついてご紹介!

みなさんは普段、芋、麦、米、そば等から作られる本格焼酎を飲む時どのように飲みますか。
本格焼酎の飲み方といえば、ロック、水割り、お湯割りなどが一般的ですよね。それぞれ好みの飲み方があるかもしれませんが、今回は、暑い夏にこそ特におすすめしたい「本格焼酎のソーダ割り」について紹介します。

本格焼酎のソーダ割りとは

焼酎のソーダ割りというと、サワーのイメージが強く、どちらというと安価な甲類焼酎といったイメージが強いかもしれません。しかし、ウイスキーのハイボールのように手軽に楽しむことができることから最近では居酒屋などでも見かけるようになってきました。一方で、本格焼酎は水割り、ロック、お湯割りで飲むのが一般的な飲み方であり、ソーダ割りというのはあまり一般的ではありません。カクテルシーンではお酒を炭酸水で割ることは一般的ですが、本格焼酎を愛好する人からすると「もったいない」というイメージがあったのかもしれません。

本格焼酎のソーダ割り=乙ハイ!?

本格焼酎(乙類焼酎)をソーダで割って作るハイボールのことを通称「乙ハイ」と呼びます。
そば焼酎で作るそばソーダ等、乙類焼酎が持つ独特の風味や香りに炭酸の爽快感を加えた乙ハイはスッキリとして飲みやすいことから若者や女性の間で人気です。

本格焼酎のソーダ割りのレシピ

本格焼酎、氷、炭酸水だけあれば本格焼酎のソーダ割り(乙ハイ)は自宅でも簡単に作ることができます。

作り方はこちら

1, グラスにたっぷりの氷を入れる

2, グラスの4分目ぐらいまで焼酎を注ぐ

3, マドラーでかき混ぜ、焼酎を冷やす

4, ソーダをグラスの8〜9分目までゆっくり注ぐ

5, マドラーで氷を少し持ち上げるようにかき混ぜる

本格焼酎のソーダ割りを楽しむときにおすすめの銘柄

本格焼酎には芋焼酎、麦焼酎、米焼酎、そば焼酎等種類が色々とありますが、スッキリ系の焼酎、フルーティーな香りの焼酎、樽貯蔵の焼酎などがソーダ割りにはおすすめです。ここでは本格焼酎のソーダ割りを作るときにおすすめの銘柄を紹介します。

抑えておきたい本格焼酎のソーダ割りにおすすめの銘柄3選!

百年の孤独(麦焼酎)

ウイスキーと同じ原料から作られる麦焼酎は、基本どのようなタイプでもウイスキー同様にソーダ割りを楽しむことができます。百年の孤独はロックでもでウイスキーのような風味を楽しめますが、ソーダ割りではは辛口な飲み口に大麦の穀物感があり、素朴な味わいを楽しむことが出来ます。

吟香鳥飼(米焼酎)

米焼酎の特徴は日本酒の吟醸酒のようにフルーティーでスッキリしているところ。その中でもこちらの吟香鳥飼のソーダ割りはクセがなくて飲みやすく、スッキリしていて食事ともよくい合います。

帰山 樽熟成(蕎麦焼酎)

蕎麦焼酎ですがあまり蕎麦の香りはせず、どちらかと言うとスコッチウィスキーのような樽熟特有の芳醇な香りとまろやかさが特徴的です。ロック、お湯割り、そば湯割などで飲むのがおすすめです。

炭酸水 ポイントを抑えるだけで味わいが格別に変わる

本格焼酎の炭酸割りってただソーダで割ればいいと思っていませんか。
炭酸水にこだわることによって味わいが格別に変わります。お店で飲むような美味しい味わいを自宅でも簡単に再現出来るので是非ポイントを抑えて試してみて下さい。

おすすめの炭酸水

ウィルキンソン

伊賀の天然水強炭酸

ソーダストリーム

焼酎のソーダ割りを試してみよう!

いかがでしたでしょうか。
「本格焼酎にソーダ割り!?」と思って、今まで飲んだことのなかった方も是非試してみてください。最近の焼酎はおしゃれなラベルやデザイン、フルーティーな味わいのものまで増えてきており、今まで焼酎を敬遠していた方にこそ焼酎のソーダ割りを飲んでもらいたいです。暑い夏やお風呂上りなどのスッキリしたい時に焼酎のソーダ割りをぜひ!